« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第12話「やがて恋が始まる」《最終回》 | トップページ | ■Fate/stay night:第13話「冬の城」 »

■舞-乙HiME:第25話&第26話《最終回》

最終回の2話連続1時間スペシャル。第25話「蒼天の乙女」・第26話「Dream☆Wing~夢の在処」。ビックリしたことに、最終回ではメインキャラが全く死んでいません。と言うか、エルス以外のメインキャラって死んでいないのではないでしょうか?あれだけ沢山のキャラが出ていながら、死んで整理することをしなかったのは、ある意味凄いことです。しかも、絶対死んでいるよ、って状況でも生きていた人々の何と多いことか・・・(ニナ、セルゲイ、トモエ、アオイetc.)

ワルキューレシステムを破壊するため、その母体となっている自らの母の遺体を装置もろとも破壊しなければならなかったアリカ。この場面は切なかったなぁ。で、この試練を乗り越えたことで「蒼天の青玉」としての覚醒を果たしたアリカ。最後はニナを暗黒の力から救い出すために宇宙で戦いますが、ハルモニウムの力によって暗黒面に陥ってしまったニナを救うためには、その体を剣で貫くしかなく・・・

絶対死んでるぞ、と思ったニナですが、何故か無事で、絶対死ぬぞ、と思っていたセルゲイが記憶喪失になりながらも目覚めた時に傍らにいました。セルゲイが記憶喪失ってことは、親子関係がなくなったので、ニナにとっては願ったり叶ったり???

で、ナギは逮捕されて、マシロは無事にヴィントブルーム王国の真の女王として、良い国作りを目指し、アリカはマシロのオトメとしてサポートについて、めでたしめでたし。オトメの技術が開放されることで、ミドリ達アスワドの民も救われることでしょう。

いやぁ、凄い最終回でしたねぇ。誰かがピンチに陥るたびにこれでもか!と様々なキャラが助っ人として現れるのですからね。これだけ助っ人が続々と現れる展開をいまだかつて見たことがなかったもので、さすがはスターシステムだなぁ。もう1作品くらい作るのかな?でもそうしたらますますキャラが増えて収拾がつかなくなるか。

|

« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第12話「やがて恋が始まる」《最終回》 | トップページ | ■Fate/stay night:第13話「冬の城」 »

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13912/9416099

この記事へのトラックバック一覧です: ■舞-乙HiME:第25話&第26話《最終回》:

» (アニメ感想) 舞-乙HiME 第26話 「Dream☆Wing〜夢の在処〜」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
舞-乙HiME ガルデローベ学園スクープブック セルゲイ・・・優しい人・・・優しすぎる人・・・今はその優しさに感謝します・・・。と言うわけで、乙女の力を残していてくれたセルゲイ。セルゲイが意気地なしで本当に良かったですね(笑)。アリカとニナの最後の戦い、いよ....... [続きを読む]

受信: 2006.04.05 11:40

« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第12話「やがて恋が始まる」《最終回》 | トップページ | ■Fate/stay night:第13話「冬の城」 »