« ■BLOOD+:第24話「軽やかなる歌声」 | トップページ | ■轟轟戦隊ボウケンジャー:第6話「呪いの霧」 »

■交響詩篇エウレカセブン:第48話「バレエ・メカニック」

いきなりアネモネのモノローグで始まった今回。既に戦うことに意味を見出せず、涙を流しながらジ・エンドでスカブ・コーラルに突入したアネモネ。そしてアネモネを救うために後を追うドミニク。

レントン達は、デューイのスカブ・コーラルへの第一波の影響を受けず、まだ内部に留まっていました。飛来したジ・エンドから、アネモネの心の声を聞き取ったレントン達は、アネモネを救うことを決意。「もう遅すぎる」と救いを拒否したアネモネでしたが、ドミニクの体を張った説得にようやく心を開いて・・・アネモネの意に反して発射されたジ・エンドの攻撃を受けて、機体の外へ投げ出されたドミニクに、アネモネもジ・エンドから飛び降りて抱きつきます。空中で互いに気持ちを伝え合う2人。かつてのレントンとエウレカのように・・・黒い殻を脱いでニルヴァーシュそっくりになったジ・エンドにキャッチされて、スカブ・コーラルの上に降り立ったアネモネとドミニク。しかし、そこへデューイの第二波攻撃の直撃が・・・

レントン達はニルヴァーシュで退避出来たものの、地表にいたアネモネとドミニクは爆風の直撃を・・・と言うところで、自らの意思で2人を庇ったジ・エンドはボロボロに・・・第二波攻撃で砲台に使っていた衛星がお釈迦になったので、今後の直接攻撃はなさそうですが、クラスターからの反撃があるのでしょうか?ジ・エンドに救われたアネモネ、ドミニクがレントン達と共闘して戦いを止められるのか、次回1時間スペシャルの最終回はどうなっちゃうんでしょう。命を削って戦っているホランドには、生まれてくる子供のためにも生き残って欲しいのですけれど。

|

« ■BLOOD+:第24話「軽やかなる歌声」 | トップページ | ■轟轟戦隊ボウケンジャー:第6話「呪いの霧」 »

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13912/9290316

この記事へのトラックバック一覧です: ■交響詩篇エウレカセブン:第48話「バレエ・メカニック」:

« ■BLOOD+:第24話「軽やかなる歌声」 | トップページ | ■轟轟戦隊ボウケンジャー:第6話「呪いの霧」 »