« ■ガンパレード・オーケストラ:第23話「マラソン・マン」 | トップページ | ■舞-乙HiME:第24話「あなたのために…。」 »

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第11話「やす菜の瞳から消えたもの」

あれー、HPとサブタイトルが違う~。一応番組のサブタイトルを載せておきます。今回のはずむはムカつきました。あゆきがバシッと言ってくれたので少しすっきりしましたが。

はずむととまりのキスを目撃したやす菜は、ショックのあまり、男性ばかりでなく女性までも認識できない状態に陥ってしまいました。自分のせいでやす菜の症状が悪化したと自責の念に駆られるはずむは、自宅の前まで告白に来たとまりに対して「こんな時にとまりちゃんのことなんて考えられないよっ!」と突き放してしまいます。川原で落ち込むとまりは、通りかかったあゆきに抱きついて号泣・・・

で、とまりを傷つけたはずむがやす菜の側にいてあげたのならば、さほどムカつかなかったのですが、やす菜からも逃げて、明日太相手に気を紛らわそうとするはずむを見て、カッチーン!と来たのは私だけではなく、あゆきも、自分は舞台には上らないけれど、これだけは言わねば!と自らの二の腕をぐっと握り締め(見ている私もあゆき頑張れっ!と力が入ってしまいました)、屋上へ。

2つの花の苗のうち、どちらかを間引かなければ両方とも共倒れしてしまうと分かっていながら、両方育てていたはずむ。あゆきは、えいや!と一方の苗を引っこ抜き、「どちらにも愛情を注いで結局両方とも枯れてしまって泣くことになる。でもそれは枯れてしまった花に対してではなく、花を見られなかった自分が哀れで泣くの。」とずばりと指摘。つまり、幼少の頃に白かピンクの綿菓子を選べなくて、結局どちらも手に入れられずに一晩中泣いていたはずむと何ら変わりがないってこと。

あゆきに指摘されて、しょんぼり帰宅したはずむに更なるショッキングな事実が。成果が上がらないので自分達の星へ帰るという仁とジャンプウ。実は仁ははずむの観察をしていたのではなく、やす菜の症状を観察しており、その症状は仁の星の人々に蔓延している症状と酷似しているとのこと。仁の星では高度に文明が発達したものの、人々は他者に対する関心が薄れてしまい、他の種の生物の固体識別が出来なくなるのと同様に、人間同士の固体識別が出来なくなってしまったのでした。はずむによってやす菜の症状が改善されれば、自分達の星にも活かせると思ったものの、症状が悪化したことで、これ以上観察しても仕方がないと判断したのでした。

さて、このままではいけない・・・とお祭りの日にも薄々気付いていたはずむが、遂に決心するのでしょうか?次回はいよいよ最終回。はずむの決心でやす菜の症状が改善されるのか?当初は惰性で見ていた「かしまし」でしたが、俄然最終回が楽しみになってしまいました。

|

« ■ガンパレード・オーケストラ:第23話「マラソン・マン」 | トップページ | ■舞-乙HiME:第24話「あなたのために…。」 »

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13912/9271734

この記事へのトラックバック一覧です: ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第11話「やす菜の瞳から消えたもの」:

» かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第11話 「やす菜の瞳から消えたもの」 [ちとせのげ~あに不定期日記]
いやはや、先週からの予想通りの鬱モードですなw [続きを読む]

受信: 2006.03.27 01:46

« ■ガンパレード・オーケストラ:第23話「マラソン・マン」 | トップページ | ■舞-乙HiME:第24話「あなたのために…。」 »