« ■Fate/stay night:第5話「魔術師二人<前編>」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第41話「アクペリエンス・3」 »

■蟲師:第15話「春と嘯く」

 珍しくギンコが一本取られちゃったかなー、ってお話でした。蟲の見える少年・ミハル。彼は冬になるとどこかへふらりと出かけて、冬にはないはずの山菜や蝶を持って帰って来て、そのまま春まで眠り込んでしまう。実は、ウソブキという蟲の仕業で、冬山の中に春を作り出して、生き物達をおびき寄せて、その生気を吸い取る性質の持ち主だったのですね。

 で、1年後に同じ村を訪れたギンコは、春に目覚めるはずのミハルが1年以上も眠り続けていることを知ります。ギンコが、雪の中で眠っているミハルを見つけた時に、手に持っていた袋から蝶を逃がしてしまったことが原因と気付き、ウソブキを捜しに雪野原へ。そして、ウソブキに生気を吸われたギンコは意識を失う前に辛うじて1羽の蝶を捕らえます。

 やがてギンコ、ミハル共無事に目を覚まし、喜ぶミハルの姉。って、彼女は雪野原に倒れていたギンコをどうやって自宅まで運んだのでしょう???ミハルは、ウソブキから貰ったものは決して外では開けないように姉に話していたところから、蝶が目覚めるために必要なものと知っていたようで、ギンコにもちゃんと話しておけば良かったんでしょうけれど・・・

 今回は、ギンコよりもミハルの方がウソブキについてはより深く知っていたってことで、一本取られたかな。ウソブキは、生物から命までは奪わずに生気だけ吸い取り、代わりに春の恵をお裾分けするって言う生き物なのでしょうね。実際にミハルは食べ物の少ない冬場に山菜を取ってきて、姉を助けていた訳ですから。うーん、不思議な蟲でしたねー

|

« ■Fate/stay night:第5話「魔術師二人<前編>」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第41話「アクペリエンス・3」 »

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13912/8554870

この記事へのトラックバック一覧です: ■蟲師:第15話「春と嘯く」:

» (アニメ感想) 蟲師 第15話 「春と嘯く」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
蟲師 其ノ壱 冬・・・真っ白な雪に覆われる山の中、木は緑に包まれ、花は咲き誇り、蝶が舞うと言う不思議な一帯が存在する・・・。ギンコは、旅の途中降りしきる雪に困り、山中にある一軒家を訪れます。その家で一夜を過ごしたギンコは次の日、木の上に登って何やら蟲らし...... [続きを読む]

受信: 2006.02.13 18:41

« ■Fate/stay night:第5話「魔術師二人<前編>」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第41話「アクペリエンス・3」 »