« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第1話「少年はその日変わった」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第37話&第38話 »

■BLOOD+:第13話&第14話

 第13話を見たのが昨日だったので、感想を纏めて書いちゃいます。

■第13話「ジャングル・パラダイス」
 え~ん、「エイリアン」みたいでグロいよ~、コワいよ~!子供を翼手化するのは見ていて辛いものがありますねぇ。放送開始当初はあまりのグロさにちょっと引いた本作品ですが、最近は落ち着いて来ていたのになぁ。深夜枠じゃないからヤバイ表現は抑え目にして欲しいものです。

 小夜の「暴走」シーンそのものはなかったけれど、翼手の累々たる死骸を見るとかなりの暴れっぷりだったようで・・・クララさんは翼手にやられたのか暴走した小夜にやられたのかは不明だけど、やっぱり小夜にやられてしまったのでしょうか?カイの声がなければ暴走は止まらなかったと思われ、小夜を救うのはやはり家族の絆、なのでしょうねぇ。

 ディーバは運び出されてしまい、これにてベトナム編は終了。次回は沖縄に一旦戻ることに。それにしても、翼手に取り付かれたり、ヘリから落ちても生きているデビッドって不死身!

■第14話「さいごの日曜日」

 日曜日=安息日、って解釈をすると、今回が小夜にとって最後の安息の日、これからは戦いの日々になるのでしょうか?沖縄に戻って、父の遺品をお墓に納める小夜、リク、カイ。後は親友に会ったり、学校へ忍び込んでハイジャンプしたり、海岸でバーベキュー&花火をしたりと、最後の休日を満喫した小夜達は、今度はロシア・エカテリンブルクへ旅立つのですねぇ。願わくば、3人揃って沖縄へ戻って来られますように。

|

« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第1話「少年はその日変わった」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第37話&第38話 »

過去の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13912/8173846

この記事へのトラックバック一覧です: ■BLOOD+:第13話&第14話:

« ■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~:第1話「少年はその日変わった」 | トップページ | ■交響詩篇エウレカセブン:第37話&第38話 »