« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

ニホントカゲとセミの声

 今週の初め頃、駅から会社に向かう途中でとても綺麗なトカゲを見かけた。体長5cmくらいの小さなトカゲで、頭と胴体は茶褐色に黒のストライプ、しっぽは根元がメタリックなコバルトブルーで、先端に行くほど淡いコバルトブルーのグラデーションになっていた。携帯で写真を撮ろうかと思っているうちに、草むらに姿を消してしまった。トカゲの種類を知りたくて、愛用している「教えて!goo」に質問を書き込んだところ、僅か10分ほどの間に3件もの回答が寄せられ、このトカゲが「ニホントカゲの幼体」であることが判明した。写真が載っているURLまで教えて頂き、あのコバルトブルーのしっぽもしっかり映っていた(ちなみにAkane-Sakuraは「教えて!goo」での私のHNである。だってAikoは既に登録があって使えなかったんだもん)。さすがは「教えて!goo」、これだけ早く知りたい情報が得られるとは。

 昨日のこと、いの(同居人)に「ヒグラシの鳴き声」を口頭で説明していたのだが、「カナカナ」と言ってもピンと来なさそうだったので、セミの鳴き声の聴けるサイトはないかなー、と検索してみたところ、なかなか良いサイトが見つかった。「兵庫県立 人と自然の博物館」HP内の「セミの鳴く様子」だ。セミの鳴いている動画も見られる優れもの。このサイトのお陰で、何の声か長年疑問に思っていた声の主が「ハルゼミ」であることが分かった。

 ニホントカゲとセミの声、昔だったら図鑑を引いたりしなければ調べられなかったことが、短時間に分かってしまうのがネット社会の恩恵か。簡単に得られた知識は簡単に抜ける、と警告を発する方もいらっしゃるかも知れないが、画像と音声の情報が付加されることで、かつての図鑑以上の情報が得られることもまたメリットではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「懐かしい宇宙」と「Moonlight」

 せっかくココログを立ち上げ直したのに、またまた半月余り放置してしまった。あまり構えていても仕方ないので、何か書こう。

 最近購入したCDシングル2枚の話を。8/4の発売前日に予約していた「懐かしい宇宙(うみ)」(新居昭乃)を購入。タイトル曲は「KURAU Phantom Memory」と言うアニメのオープニング曲である。実は新居昭乃の名前を知ったのは、数年前に放映されていた「東京アンダーグラウンド」と言うアニメのエンディング曲「覚醒都市」を聴いたのがきっかけだったりするのであるが、彼女のCDアルバムを全て揃えていると言う友人から、「覚醒都市」の他、数枚のCDを借りて、最近は新居昭乃ワールドにはまりつつあるのであった。「懐かしい宇宙(うみ)」は、「KURAU」の番組宣伝CMで初めて耳にして、サビの「抱いていて~」のメロディーが心地良くて、第1話を楽しみにしていたのだが、1話はオープニングがなく(最近のアニメは時々この傾向がある)、番組後半でちらっと流れただけ。第2話でこの曲がしっかり聴けて、作品そのものよりも主題歌にはまってしまった。優しいメロディの中にSF的な煌きもあって、タイトル通りのイメージの曲。ジャケットの電波望遠鏡は野辺山天文台かなー?2曲目の「虹色の惑星」もとっても優しい感じの曲だし、3曲目の「airplane」はベランダから海を越える飛行機を見送る感じが良い。4曲目は「懐かしい宇宙(うみ)」のオフボーカル版。

 「KURAU」のエンディング曲の「Moonlight」(勝木ゆかり(S.E.N.S.))も8/9に購入。S.E.N.S.は、良く目にする名前だけれど、曲を聴くのは初めてのように思う。「KURAU」の音楽を担当し、エンディング曲を歌うのは勝木ゆかり。今回が初のボーカル作品だとか。聴いていてほっと心が和むような静かな曲。まだ購入したばかりであまり聴き込んでいないのだが、ストリングとピアノのメロディがとても綺麗で、私の好みの作りの曲なので、聴けば聴くほどはまってしまいそうな予感。

 アニメの主題歌CDは時々買うのだが、オープニング・エンディング共に購入したのは初めて。この分だと音楽集も買ってしまいそうだなぁ・・・DVDは、番組を録画保存しているから買わない可能性が高いけれど。「鑑賞日記」の方も更新が滞っているけれど、「KURAU」に関してはめちゃはまりとまではいかないけれど、まぁまぁかなー、と言ったところで鑑賞中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »